こんなおせちだったら食べてみたい~洋風おせち~

お正月に欠かせないおせち。
昔は各家庭で手作りするものでしたが、最近は百貨店をはじめ、スーパー、お総菜屋などでも
見かけるようになり、作るより購入するほうが手軽になってきました。

販売されているおせちも、高級志向のものから安価なものまで実に様々です。
そんな中で伝統的な昔ながらのおせちだけでなく、アイデアある変わったおせちがあるのを
みなさん知っていましたか。

中でも一番驚いたのは「洋風おせち」です。
洋風=イタリアンやフレンチ料理で作られたおせちのことなのですが
どんなものか全く想像ができない!

イタリアンのオステリア・ルッカおせちって、いったいどんな感じのおせちなの?

内容を見ていると洋風おせちは、主に有名店や個人のお店などが
オリジナルの創作おせちとして販売しているものです。

縁起物に縛られない内容で作られていることもあってか
見た目も華やかで豪華な印象なものが多いです。
フレンチだと高級食材である「オマールエビ」や「フォアグラ」「キャビア」などを使ったものも。
和風のおせちとは食材も一味違います。

また洋風おせちはワインに合うように考えられているものもあり
おつまみにちょうど良いチーズやドライフルーツなどの
サイドメニューを添えているものもあります。
「お酒が合う」と言われるだけで、何だかおせちを食べるのが楽しみになってくるのが不思議です。

また料理の内容も食べたことのないもの、聞いたことのないものも多く興味をそそられますし
おせちを食べるのは年に一度しかない機会。
それであれば珍しいものを食べてみるというのも楽しみ方の1つではないでしょうか。

正直、おせちって見た目は華やかですし、縁起物だと言うのもわかっているのですが
若い世代には箸が進まない食べ物が多いというイメージでしたが、
こういう変わったおせちなら一度は食べてみたいものだなと感じました。

おせちは縁起を担いだ食べ物を使うため中身を変えるのが難しく
毎年中身が同じものになってしまいがちで変わりばえしない側面もあります。
少し突飛に思えるかもしれませんが、たまには少し変わったものを食べてみたいという方にも
アイデアの一つとして良いのではないでしょうか。

夢を与えてくれる福袋

福袋を買うという事は、年末から年始にかけての私のビッグイベントである。年末が近づくと、どこのブランドの福袋にしようかと、ネットで情報収集したり、ファッションビルに出かけて、福袋情報がないか探しにでたりするものである。私の特にのお楽しみは、百貨店である東急 福袋です。東急百貨店は、福袋がとっても充実しているんです。

福袋の魅力は何と言っても「お得感」である。福袋は金額の割に入っているものが高価である。普段、高くて手の届かないブランドの物を手に入れるチャンスでもあるのだ。私も、憧れのブランドの福袋を買った時は、なにが入っているのかというワクワク感と開けた時の高揚感は忘れられない。中には、自分の、好みでは無いものもあったが、それよりも、普段買えないものが、手に入るというのはとても喜ばしい事である。

福袋は年々、種類も販売方法も多種多様になってきている。販売方法で言えば、予約可能なところや、当日の先着順のところ、ネット販売が挙げられる。それぞれにメリット、デメリットが、あるのではないか。

私は全て行ったことがあるが、福袋を買うという目的を果たすので言えば、ネット販売が1番手軽である。サイトで注文し、家に届くし、店頭に足を運ぶ手間も省ける。当日、朝早く起きて並ぶ必要もない。そして、必ず手に入る。

私は、当日並んで福袋を買いに行ったことがあるのだが、先着順で、人数も5?10人限定だったため手に入れることができなかった。年始早々、福袋を手に入れられなかった悔しさが込み上げてきたのを覚えている。いっそ、先着順ではなく、くじで運試しのように決めるのはどうかと考えてしまった。

現代的であるが、ネット販売が、1番、どこに住んでいても平等に福袋を手に入れる権利が与えられているように思う。

今回、福袋について私の思いやメリット、デメリットを紹介してきた。福袋は、最初に述べたように、普段買えないものが手に入るという、喜びがある。福袋は夢を与えてくれるすばらしいものである。今年も年末が近づいてくるにつれ、福袋探しを始めようかという、気持ちになってくるのである。